宇都宮シンフォニーオーケストラ

宇都宮シンフォニーオーケストラ

宇都宮シンフォニーオーケストラは石川和紀氏を指揮者に迎え、県内出身の若手演奏家や市民オーケストラ・学生オーケストラ経験者により、2000年秋に結成された。現在、公務員・会社員・自営業者・主婦、そしてプロの演奏家にいたる幅広い楽員を擁するオーケストラである。主要な活動拠点は宇都宮市瑞穂野地区市民センターで、地域に根ざした活動を基礎としている。定期演奏会ではこれまでにモーツァルトやベートーヴェン、ブラームスやラフマニノフなど、古典派からロマン派に至る主要な作品を取り上げ、協奏曲の共演者には毎回、新進気鋭の演奏家が登場している。その一方で親しみやすい小品やおなじみの名曲を集めたファミリーコンサートの開催や、また管楽アンサンブルによるサロンコンサートやミニライブでの演奏と、 幅広い活動を行っているオーケストラである。

指揮者:石川和紀

常任指揮者:石川和紀

宇都宮短期大学付属高等学校音楽科、武蔵野音楽大学器楽科卒業。ヴァイオリンを星野和夫、大久保修、萩原耕介、西田博、指揮を山本郁夫、汐澤安彦、作曲を原谷宏、立原勇の各氏に師事。東京国際音楽療法専門学院にて指揮法、音楽理論の講師を務める。平成21年度宇都宮市民大学講師。現在、メルクルディ・フィルハーモニー管弦楽団、池袋チェンバーオーケストラ、千代田さくらチェンバーオーケストラ、秩父市民オーケストラ、ヤマノミュージックサロン東銀座オーケストラ、ヤマノミュージックサロン池袋オーケストラ、宇都宮シンフォニーオーケストラ、混声合唱団ヴォーチェキアーラ、弦楽合奏団アルチェ・エ・コーダ、トウキョウヴィエールアンサンブルの各団体にて常任指揮者・音楽監督を務める。

コンサートマスター:小泉百合香

コンサートマスター:小泉百合香

武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会出演。市川文化会館主催新人演奏会にて優秀賞受賞。第9回日本クラシック音楽コンクール全国大会 審査員特別賞受賞。これまでにヴァイオリンを樋口菜穂美、故山口元男、ゲオルギ・バデフの各氏に師事。現在、公益財団法人ニューフィルハーモニーオーケ ストラ千葉ヴァイオリン奏者を務める傍ら、近年はブルッフ、チャイコフスキー、ベートーヴェン等のヴァイオリン協奏曲のソリストとして、各地のオー ケストラと共演を重ねる。カルテットコルダメンバー。

Pause Play